amongLOGO_white.png

カードケース

このカードケースは、八丈島で酪農を営む魚谷さんらに育てられたジャージー牛のジャーから作りました。
魚谷さんは、八丈島に酪農を復活させた酪農家であり、チーズ職人であり、私たちの友人でもあります。
酪農の現場に生まれた雄牛は難しい運命にあるのです。
このジャーのいのちを革としてお預かりしたのが2月頃。
植物のミモザでなめされた革はしっかりした手応えと表情があります。

私たちは革のデザイナーである森永潤一郎氏に相談し、カードケースに仕立てることにしました。
封筒のデザインは、カードが人と人を繋げる手紙であることを私たちに思い出させてくれます。
また、全ての革製品はもちろん、プロダクトの背景には物語があることを教えてくれます。
物語を想像し、知り、考え、選択する。
改めて、その歓びをみなさまと共有できましたら幸いです。



IMG_2314.JPG

DSC09893.jpg